保存食

保存食を作るのが好きです。

 

梅酒に梅干し、鉄火味噌にジャム。

先日は長野の友人にもらったルバーブでジャムを作りました。

ルバーブは洋風のふきのような物で、包丁にもなかなか切るのに苦労するくらい筋が固いのですが、不思議と鍋に入れて火にかけるととろとろに溶けてしまいます。

 

この日のルバーブは赤の茎が混ざっていたのできれいなピンク色に。

 

あ〜なんかこうして保存食とか作っていると豊かな気持ちになるわ〜。

と自己満足に浸っているのですが、一つ問題がありまして、、、、。

 

 

保存食。作るのは好きだが食べるのはイマイチ。

 

甘い物があまり好きじゃないのでジャムはもっぱら旦那専用。しかしその旦那はルバーブがあまり好きじゃないときたもんだ、、、、。。いつかお客様がきたらルバーブのタルトを焼いたら素敵だわ〜と思って冷蔵庫にしまわれます。

 

梅干しや梅酒も丸っとした梅をなでなでしながら「おいしくな〜れ」と呪文をかけますが、甘いお酒が好きじゃない私とお酒の飲めない旦那。

5年前に漬けた梅酒がまだ残っている始末。

これももっぱらお客様用となっております。

 

 

私の料理教室に来た事のある方や本を読んだ事のある方はなんとなくお気づきかもしれませんが、梅干しもそんなに好きではなく。

そういう訳で我が家の梅干しはやっぱり5年ものとなっております。

 

作るのが好き。

だから決して大きくない我が家の冷蔵庫の上段は、そんな保存食で埋め尽くされているのでありました。

 

 

 

あ、でもピクルスやジェノベーゼなどは大好きだわ。