山に登る

写真はお盆に行った金峰山での一枚。

 

山に行くと元気になったり、もやもやしていた気持ちが気がついたらすっきりしていたりします。

外ご飯の仕事が多いこの季節、ラジオや雑誌のインタビューをちょこちょこ受けるのですが、そんな時によく、

「外でご飯を食べるとなんで美味しいんですかね?」

とかなりアバウトな質問をされます。

 

なんでかな〜。気持ちがいいからだよな〜。

なんて思いながらも、なんとか適当に(!?)いい感じの答えを出していたのですが、それが最近になってやっと確信に変わりました。

 

それはいい気の場所で食べるから。

 

私たちは普段から「気」という言葉を無意識によく使っています。

元気、気持ち、勇気、やる気、病気、、、、。

その「気」ってなんだろう?と考えてみると、なんとなくその存在を感じている人も多いのではないでしょうか。マクロビやヨガ、太極拳、整体などをかじった事のある方ならよくわかると思いますが、そうでなくともパワーズポットや風水などが流行るくらいだから、ほとんどの方が普段から気を感じて過ごしています。

(無意識だったとしても)

 

自分の気と山や海などのいい気がちょうどよく調和した時に私たちは「気持ちいい所だな〜」と思うのかもしれません。

 

 

最近そんな事を考えていたら、もっと気の事、陰陽の事、体の事を知りたくなりました。

私が普段食べているの食事と陰陽は切り離して考える事はできません。

マクロビと言うよりも私たち日本人(現代社会に生きる今日本人)にとっての正食とはなんだろう、、、、。

そんなことをもう一度ちゃんと勉強してみようと思っています。

 

人間日々勉強ですね。