冬野菜

冬野菜のおいしい季節ですね。

 

大家さんの畑でも、

ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、にんじん、だいこん、かぶなどなど、見るだけでわくわくしてしまうような冬野菜が並んでいます。

 

最近のお気に入りは温野菜にかけるアンチョビソース。

1年前に仕込んだアンチョビが今いい感じに仕上がってきたので、ニンニクと豆乳、オリーブオイルにバジルをいれてクリーミーなソースを作ります。

味がギューっと濃縮された冬野菜にクリーミーなこのソースをかけると、心から「あ〜幸せだな〜」と思える至福の味になるのですよ。

 

 

冬には冬の野菜を食べましょう。

冬でも茄子やトマトも売っているけれど、普通なら絶対に穫れない夏野菜。

夏野菜は水分が多く、体をとても冷やすので寒い冬に食べると体が冷たくなってしまいます。

それに冬のトマトは太陽をたっぷり浴びて育った真夏のトマトよりもおいしくないはず。その季節その地域で穫れた物を食べるという事が、その季節その土地で生活して行く為の体作りをしてくれるということ。

当たり前だけど意外に知らない人も多かったりするのかもしれません。

 

 

原子力の頼らない未来。

電気に頼らない暮らし。

 

これとその季節の地元野菜を食べる事は同じ事なのではないでしょうか。

みなさんも是非ご協力をお願い致します。