石巻報告

先日4日間という短い滞在ではありましたが、石巻に行って来ました。

今回の目的は料理教室を開催する事でした。

 

東京にいると、当たり前のようになってきた玄米菜食やマクロビ、ベジタリアン、エコやヨガ。でも石巻のような場所ではまだまだ知らない人がほとんど。

今回は「はじめての玄米菜食」というテーマに、玄米の炊き方や出汁の取り方だけでなく、食べる事の意味や自然に逆らわない食事の法則などのお話をしてきました。

 

参加者は15人。

最年少は中学生、最年長は88歳という幅広い年齢層。

でも多くの方は初めて玄米を食べるという方達で、お米王国宮城だからこそなのかもしれません。

実際にはじめて玄米を食べた方達は、みなさん口を揃えて「思ったよりも簡単だった。」「おいしい〜」とおっしゃってくださいました。

 

実際に震災後、自宅に玄米はあるけれど精米できないので、それを食べなければいけない、、、。でも電気もガスも止まっているため、ストーブでなんとか玄米を炊こうと思ったけれど上手に炊けなくて苦労した、という方がいらっしゃいました。

多くの方が何十キロという玄米を蓄えているのに、白米の炊き方(しかも炊飯器でしか炊いた事がない!)しか知らない方がほとんどだったので、今回の私の話はまさに目から鱗!!という方が多かったようです。

 

 

まだまだ続く放射能の危険性。

それどころか何年後かになって初めて表れてくる現象や症状もあると思います。

これを食べたから放射能に効く!なんて物はありません。

一番大事なのは、体内に取り入れないことではありますが、さまざまな事情からやむを得ない人もいらっしゃると思います。

次に大事なのは自分の免疫力を高め、排毒能力を高める事です。

それには日頃の食生活や日常生活がとても大事で、規則正しい生活や添加物をなるべく取らない食生活、ストレスを解消する方法などなど、当たり前だからこそそれが一番大切な事なのです。

 

 

でも意外と実行するのって難しいですよね。

だから無理は禁物。

出来る事からコツコツと、何よりも継続して行く事が大事なのですから。

 

 

今後も自分の出来るペースで石巻を中心に料理教室をしていけたらいいな〜と思っています。