梅の季節

今年は寒いね。

 

なんて言っていたのに、気がつけば家の前の梅林はそろそろ満開。

建てたばかりの道具小屋の向こうに白いもやのように梅の花が見える季節がやって来ました。

 

家の窓からは小屋、そしてその向こうに梅林と畑が広がり、遠くには玉川上水の遊歩道までが見渡せます。

 

仲の良い友達がみんな世田谷に引っ越し、なんだかちょっと寂しいけれど、それでもこの景色を見てしまうと、やぱっぱりこの場所からは離れられないな〜と思うのです。

ほとんどの時間を家で過ごす私にとって、家の中同様窓から見せる景色や日当りがとても重要で、その点でこの家は100点に近いのかもしれません。

 

今年の春でこの家に引っ越して8年がたちます。

東京にいる間はこの家以外には考えられないな〜。

 

今日はとても風が強い。

 

大きく揺れる梅林を眺めながらこうしてゆっくり日記を書いている時間はとても久しぶりで、でもこんな時間が取れないような生活は改めねば!!と強く思うのでした。